作物を害獣から守るには|ハクビシン駆除と予防の方法

一軒家

基本的な予防と対策

作業者

イタチやアライグマ、ハクビシンやイノシシの子供は、多くの人が見たら「かわいい」という感情を抱くものです。しかし、農家を営んでいる場合、これらの動物は立派な害獣です。育てた農作物を食い荒らされることで売り物にならなくなり、家畜を襲われることで治療費を用意するだけならまだしも、食い殺された場合その被害額は計り知れません。そのため、害獣の襲来はまさに死活問題であり、被害が拡大する前に害獣駆除を行う必要があります。
害獣駆除は、個人の手で行おうとすると非常に時間がかかります。それ以前に、害獣の殆どは駆除する前に駆除の許可を市から得なくてはならないため、時間が非常にかかります。それだけではなく、ねずみ以外の害獣捕獲用の罠の購入及びに使用は免許が必要になるため、免許の取得が重要になります。よって、個人の手で害獣駆除及び捕獲を行うのは相当むずかしいです。そのため、害獣駆除は駆除業者にお任せしましょう。プロの手にかかれば駆除及び捕獲は効率的に行えます。
また、害獣駆除業者に頼むだけではなく、自分でも普段から被害にあわないため何らかの備えを行わなければなりません。被害予防に役に立つのは、電気柵やネットです。電気柵は害獣の侵入を防ぎ、ネットは作物を食い荒らされるのを防ぎます。他にも、小型の害獣が侵入しにくくなるように、畑周囲の雑草を綺麗に刈り取っておくというのも有効です。雑草を刈り取ることで、害獣が隠れる場所がなくなるからです。