作物を害獣から守るには|ハクビシン駆除と予防の方法

男女

ハクビシンの生態と害

白鼻芯

ハクビシンは、もともとは日本には住んでいませんでした。アジアからやってきたといわれる外来種であり、夜行性の生物です。そんなハクビシンは、害獣として知られています。ハクビシンは雑食性の動物ですが、主に果物を好んで食す傾向にあり、果樹園や畑になっている野菜を狙って食べます。平成21年度の被害総額は3億円以上に登るといわれており、日本でも上位5位に入る被害額です。
ハクビシンは、非常に俊敏な動物であり、発達した指を使って木登りを得意としています。そのため木になっている果物も難なく収穫することができるため、果樹園はまさに理想の住処とされています。よって、害獣としてハクビシンの駆除を行わなければ農家側の死活問題となります。しかし、ハクビシンはただ漠然と追いかけても捕獲はできないばかりか、市の許可が下りなければ駆除及び捕獲はできない上に、捕獲用の罠は免許取得が必須となるので、基本的に個人でできることは限られています。具体的な方法としては、ネットや電気柵を用意して侵入を防いだり、周囲の雑草を刈って視認性を良くするなどの対策が挙げられます。
他の対策としてハクビシン駆除業者に依頼するという方法もあります。ハクビシン駆除業者は、捕獲用の罠などを取り扱うことができるため、個人で行うよりも遥かに効率的かつ効果的なハクビシン駆除及び捕獲ができます。そのため、被害が拡大しているようであればハクビシン駆除業者に依頼して早急な対策を行ったほうが、結果的にコストを低くおさえることができます。

危険な外来種

アライグマ

アライグマは大きな生き物にも襲い掛かる危険な害獣です。捕まえようとすると逆に噛まれてケガをする危険性もあるため、アライグマの駆除及び捕獲は専門の業者にお任せしましょう。

もっと見る

掃除が第一

ノミ

ノミ駆除で最も大事なのは、普段からこまめに掃除をすることです。掃除機を定期的にかけて部屋の通気性を良くし、ノミが好まない環境に変えることで駆除及び予防をすることができます。

もっと見る

基本的な予防と対策

作業者

害獣駆除は農作物を育てている人にとっては非常に重要な問題です。丹精込めて育てた作物を食い荒らされないためには駆除業者に頼むか、もしくは普段から予防手段を考える必要があります。

もっと見る